« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011.04.26

「ボトムズフェスティバル」サウンドトラック 配信限定で一挙リリース!

皆さんはじめまして、サンライズ音楽出版の黒田と申します。

「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」BD&DVD発売を記念しまして「ボトムズフェスティバル」3作品のサウンドトラックが配信限定でリリースされました!
特に印象的な各6曲×3作品、合計18曲を選曲。
各楽曲の題名は五十嵐紫樟監督、重田敦司監督、高橋良輔監督に付けて頂きました!!

楽曲タイトルにも注目しながら是非、サウンドトラックをお楽しみ下さい。


4/22(金)~
dwango 超!アニメロ
music.jpアニメ&ゲームF
アニメ特撮GPXフル
アニ★ロコ
オリコン公式アニメフル

4/27(水)~
アニうた革命

ほか、主要サイトにて順次配信開始予定です。

-------------------------------------

・「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE」
『血に渇く死神』
『安らぎの時』
『すれちがう想い』
『哀しき決意』
『ビショップ=ワン』
『希望~死闘の果てに』
全6曲/作曲:池 頼広

・「ボトムズファインダー」
『マティオン』
『トプの闇』
『アルトロ』
『都市の灯り』
『崖のふち』
『ディアハート』
全6曲/作曲:岩本 渡

・「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」
『残照』
『出港』
『戦闘Ⅰ』
『侵攻』
『対決』
『運命』
全6曲/作曲:織田哲郎

-------------------------------------


黒田(サンライズ音楽出版)

| | トラックバック (0)

2011.04.25

「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」Blu-ray & DVD 発売中!

皆さんこんにちは、バンダイビジュアルの廣岡です。
さて少々遅れてしまいましたが、22日(金)に無事「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」のBlu-ray&DVDが発売となりました!!

20110424171914
Blu-rayはこんな感じ。
テイタニアを抱くキリコ・・・意味深です。

20110424171954
そして中身は・・・

はい!ボリューム満点のブックレットと、郷田さんの凛々しいお姿が必見の、「ボトムズBEATマガジン」最終号です!ロングインタビューです!

さらに、とにかく本商品、映像特典がすごい!

・劇場舞台挨拶
・劇場特報、劇場予告
・特別座談会「ボトムズを創り続けた男たち」
・ノンクレジットエンディング
・オーディオコメンタリー
(出演 監督:高橋良輔、キリコ役:郷田ほづみ、ココナ役:川浪葉子、プロデューサー:塚田廷式)

上記で、な、な、なんと56分の大ボリューム!!
これ、本編より長いです(笑)

ということで、往年のボトムズファンの方々は買わなきゃ損をするこちらの商品!
なにとぞ宜しくお願い致します。

また、スパロボでボトムズに興味を持ったという方、こちらの作品はTVシリーズから約30年後を描いた、1話完結(約50分)のOVA作品です。
バニラやココナ、ゴウトの30年後の姿を拝める他、ボトムズの最新の映像を堪能することができるのです!!
熱い男のドラマをご堪能下さい!

最後に、今日紹介させて頂きました「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」は、実は以前「日経エンタテインメント!」にて小説として連載されていたお話なのです。
この原作小説を、この度文庫として発売する事が決定致しました!
初文庫化です!

詳しくは「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」。

さらに!以前「月刊ニュータイプ」にて連載(93~94年)されていた「equal ガネシス」も同時発売!
キリコのいた時代から300年後の世界が舞台となるお話です!

詳しくは「装甲騎兵ボトムズ equal ガネシス」。

という事で、先日お伝えした「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ」DVD-BOXの発売も合わせ、まだまだボトムズシリーズは盛り上ります!

引き続きどうぞ宜しくお願い致します。
ではでは。


廣岡(バンダイビジュアル宣伝担当)

| | トラックバック (0)

2011.04.21

装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ DVD-BOX 発売決定!

皆さんこんばんは、バンダイビジュアルの廣岡です。
さて題名の通り、本日以下の内容で、DVD-BOXを発売する事になりました!

----------------------------
「装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ DVD-BOX」

Votoms_paile_senden_web
2011年7月22日発売 初回限定生産

カラー/ドルビーデジタル (5.1ch)/片面2層×3枚/16:9(スクイーズ)/ビスタサイズ
BCBA-4168/T-49-34569-64168-7

全12話収録 DVD3枚組 
初回封入特典:塩山紀生ミニイラスト集
※BOX用イラストは大河原邦男描き下ろし
価格:10,290円(税込)
----------------------------

という事で・・・

特典もついてこの価格!!
スペシャルプライスでの発売でございます!!

ペールゼン・ファイルズ」といえばそう!
絶賛発売中の「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」にも登場しておりますよね♪

バーコフ分隊とキリコの物語・・・。
この機会に是非GETしてみてはいかがでしょうか!

という事はですよ・・・
すでにTVシリーズや、その他OVAシリーズを収めた「装甲騎兵ボトムズ DVD-BOXⅠ~Ⅲ」と合わせれば・・・。
ボトムズシリーズをほぼほぼ網羅できるじゃないですか!!(幻影篇・孤影再び除く)

BOX商品はとにかくお買い得です!
チェックしてみて下さい。

さらに!!明日は「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」Blu-ray&DVDの発売日です!
まだまだボトムズは盛り上って参りますので、宜しくお願い致します。


最後にお詫びがございます。

明日発売の「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」に収録しております「インフォメーション」にて、「装甲騎兵ボトムズ ペールゼンファイルズ DVD-BOX」は「EMOTION The Best」シリーズとして告知されております。
しかし、初回限定DVD-BOXとして発売することになりましたので、予めご了承いただけますよう、お願い申し上げます。
お詫びして訂正いたします。
宜しくお願い致します。


廣岡(バンダイビジュアル宣伝担当)

| | トラックバック (0)

2011.04.07

ボトムズファインダー:Blu-ray&DVD発売!

皆様こんばんは、バンダイビジュアルの廣岡です!
さて、弊社の商品発売延期に伴い、本日発売となりました「ボトムズファインダー」の、Blu-ray&DVDのご紹介です!!

11040701
じゃーん!

こちらはBlu-rayのジャケットですが、いやー、凛々しいですね!
そして中身はこんな感じです!

11040702
劇場での上映の際にも配布されたフライヤー「ボトムズBEATマガジン」、アキ役の石田彰さんの特集号が封入されていますよ♪

さらに内容満載のブックレットも封入されています!
ボリューム満点ですよ!

その他、オーディオコメンタリーの出演は、監督の重田敦司さん、アキ役の石田 彰さん、ディアハルト役の森川智之さん、プロデューサーの土屋康昌さんの4名で!
こちらの収録後の出演者のコメントが、商品ページにUPされておりますので、
合わせてチェックしてみて下さい!

コメントはコチラ!

その他、初日舞台挨拶の模様であったり、Blu-rayにはCGメイキングも収録されていたり、特典がてんこ盛りでございます!
是非是非お手に取って頂ければ幸いです♪

最後に、まだ作品を見ていないという方は、バンダイチャンネルにて、何と本編の半分を無料配信しております!
まずはこちらをチェックしてみて下さいね!

配信はコチラ!

今月22日には、「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」も発売されます!
さらに14日発売のゲーム「第2次スーパーロボット大戦Z 破界篇」(PSP)にはボトムズ初参戦!

2011年4月は、是非「ボトムズ」に埋め尽くされてください!
ではでは。


廣岡(バンダイビジュアル宣伝担当)

| | トラックバック (0)

2011.04.05

ボトムズフェスティバル三作品、スマートフォン専用パズルゲーム完成!

皆様、はじめまして。
デジモノステーション編集部の瀧と申します。
突然ですが、この度、雑誌デジモノステーションとボトムズがコラボして、スマートフォン専用のゲームを制作させていただきました。

Digimono001
その名も『ボトムズスライドパズル』。

その昔誰もが遊んだであろう、「1」〜「9」の数字を並び替えて遊ぶ懐かしのナンバースライドパズルの数字の部分を、ボトムズの画像に作り替えたタッチパネル専用のスマートフォンゲームです。
つまり、数字の替りにボトムズの画像をタッチしながら正しく完成させて遊ぶスライドパズルゲーム。
スマートフォンゲームと言っても面倒なダウンロードは必要ありません。


Qrcode

http://www.votoms.net/game/

上記のサイトにスマートフォンでアクセスすれば、ダウンロードせずそのまま遊べます。
種類は「装甲騎兵ボトムズ Case;IRVINE -ケース;アービン-」「ボトムズファインダー」「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」の3種類。
時間内に正しく画像を並び替えると、なんとオリジナルの壁紙をもらえます!


Digimono008
「このパーツはきっとあそこの部分だ」だとか、「これはきっとあのシーンだからここにはまる!」とか、思い思いに想像を巡らせて遊ぶのもよし、あなたのボトムズ偏差値が試される!


Digimono009
それでもわからない方には、ここだけのヒントとして完成画像を掲載しますので、ご参考までに。

それにしても。

え? なぜデジモノステーションなのか?
それは現在発売中のデジモノステーションに書いてあるかもしれませんし、書いてないかもしれないですが、上記3作品を紹介した特集ページと、ボトムズ好きにはたまらない最新ガジェット(最新スマフォ、iPad2実機レビュー等)もたくさん掲載してますので、そちらもチェックして下さい。


瀧 佐喜登(デジモノステーション編集部)
ゲーム制作:AMZAK

| | トラックバック (1)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »