« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011.05.26

小説2冊、本日同時発売です!!

皆さんこんにちは。
角川書店の梶井です。

長らくお待たせしました。
本日、「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」「装甲騎兵ボトムズ equalガネシス」発売です!
スリリングな展開で作品世界に引き込まれてしまう、高橋良輔監督入魂の作品です。

Dsc_00181
個人的に「孤影再び」で一番興奮したのが、キリコとスナイパーの息詰まる攻防! 映画のワンシーンのように映像を頭に思い描きながら読んでみてください。
「equalガネシス」では、宇宙船内で覚醒したロボトライブと人類が対峙する場面でしょうか。SFファンの方にもぜひ読んでいただきたい作品です。

お近くの書店でお手にとってご覧ください。
Web KADOKAWAでもご購入いただけます。
装甲騎兵ボトムズ 孤影再び
装甲騎兵ボトムズ equalガネシス

よろしくお願いします!


梶井(角川書店)

| | トラックバック (1)

2011.05.21

高橋良輔監督サイン会、明日5/22(日)9:30から電話受付開始!

ボトムズ小説の発売を記念して、高橋監督のサイン会が6/4(土)に開催決定!
そこで、5/22(日)9:30より電話受付を開始いたします!!

Koeinovel
<対象商品>
角川書店   『装甲騎兵ボトムズ equal ガネシス』
5月26日発売予定   798円(税込)
角川書店  『装甲騎兵ボトムズ 孤影再び』 
5月26日発売予定    714円(税込)
上記2種類のうち、どちらか1冊。

Ganesisnovel
<参加方法>
5/22(日)9:30より有隣堂ヨドバシAKIBA店へお電話にてご予約いただき、お買い上げのお客様、先着150名様に整理券をお渡しいたします。

その他、注意点は「有隣堂ヨドバシAKIBA店」HPにてご確認下さい。
みなさんのご参加、お待ちしております!


渋谷(サンライズ・出版商品広報担当)

| | トラックバック (2)

2011.05.17

「孤影再び」「equalガネシス」見本誌到着!

ボトムズファンの皆さんこんにちは、角川書店の梶井です。
高橋監督の手による「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」「装甲騎兵ボトムズ equalガネシス」が、ついに完成しました! 

Dsc_00151
写真は製本所から届いたばかりの見本誌です。
「孤影再び」の厚みは約2cm、「equalガネシス」は2cmオーバーと、読み応えあります。
いつもながら、見本誌が届くとそれまでの苦労が走馬灯のように甦って……(グスッ)よくぞ生まれてきたと、感慨深いものです。

「この先どうなるのか?」と、手に汗握る展開で、時がたつのも忘れて読みふけってしまいます。
「孤影再び」は、“異能生存体”キリコと“黒い稲妻旅団”の攻防が白眉ですが、テイタニアの一挙一動・心の動きも注目です。カッコイイです。そして、愛しいです。もう本当にラストは……。
「equalガネシス」は感情が芽生えたロボトライブと人類との関係性が大きな柱となっていて、散りばめられたエピソードがそこに帰結していきます。Geeをはじめとするレイ・チャドラー小隊の活躍もさることながら、ロボトライブの「感情」に注目して読み進めてください。

――と、煽っておきながら、皆様のお手元にお届けできるまで、今しばらく時間が掛かります。5月26日の発売までボトムズのブルーレイやDVDで脳内補完しつつ、お待ちください。

そして、本の発売を記念して、高橋監督のサイン会が決定しました!
6月4日(土)、場所は有隣堂ヨドバシAKIBA店。整理券の配布方法など詳細は追ってご報告しますので、お楽しみに。


梶井(角川書店)

| | トラックバック (0)

2011.05.03

高橋監督による「装甲騎兵ボトムズ」の小説2冊、いよいよ制作も大詰めです!

ボトムズファンの皆さんこんにちは、角川書店の梶井と申します。
高橋監督の手による「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」「装甲騎兵ボトムズ equalガネシス」という小説2冊が発売されることは、ブログをご覧の皆様は既にご存知のことかと思いますが、制作もいよいよ大詰め!
今回はあらすじと共に完成したカバーをいち早くお届けします。
装画は「孤影再び」が塩山紀生氏、「equalガネシス」が村瀬修功氏と、皆さんにはおなじみのお二人です。
2冊同時刊行キャンペーンも実施しますが、詳細は改めてお知らせします。
発売まで今しばらくお待ちください!

Koeinovel
Kadokawa Comics A
「装甲騎兵ボトムズ 孤影再び」
著・高橋良輔
原作・矢立 肇/高橋良輔
発売日・5月26日(木)
定価・714円(税5%込)
発行・角川書店

フィアナを喪失したキリコが向かった先とは?
全銀河に影響力を持つ汎銀河結社、マーティアルの根本聖堂が襲撃された「アレギュウムの赫い霍乱」から数ヵ月後、自由交易都市、グルフェーにキリコ・キュービィーが現れた。キリコはそこでかつての仲間、ゴウト、バニラ、ココナと再会する。だがグルフェーは、その権益を狙ったグレン・パッツラー中将配下の“黒い稲妻旅団”により、街に通じる道路が封鎖されていた。仲裁を請われたマーティアルは、第十三階位秩序の盾、テイタニア・モンテ=ウェルズを派遣する。マーティアルの庇護を受けていたグルフェーにも、きな臭い匂いが立ち込める……。スナイパーとの手に汗握る攻防、250機のATと対峙するクライマックス、そしてこの地を訪れた目的とは? OVAとは別展開を見せる、「日経エンタテインメント!」に連載された原作小説。キリコの運命を、刮目してみよ!


Ganesisnovel
Kadokawa Comics A
「装甲騎兵ボトムズ equalガネシス」
著・高橋良輔
発売日・5月26日(木)
定価・798円(税5%込)
発行・角川書店

アストラギウス銀河を揺るがすもう一つの物語
ギルガメスとバララントの果てしない抗争の中で、キリコとフィアナの運命が描かれた「装甲騎兵ボトムズ」から300年後の世界。第五次銀河大戦は一時休戦をむかえる。数次にわたる大戦で兵器開発は飛躍的に進んだ。AT、パーフェクト・ソルジャー、そして高度に進化したアンドロイド、ロボトライブ――。その人類に対して忠実であるはずのロボトライブが覚醒し、感情を持つようになったという……。神話の星、ラザースでは暴走したロボトライブが反乱。戦火を潜り抜けたかつての仲間が集められ、惑星メルキアよりレイ・チャドラー小隊らが、調査隊として派遣される。謎を解く鍵“ガネシス”とは何なのか? ロボトライブの目的とは? アストラギウス銀河が、大いなる意思に包まれていく……。「月刊ニュータイプ」に連載された名作が、遂に単行本化!


梶井(角川書店)

| | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »