« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012.05.29

5月29日発売決定!『装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2』(一迅社刊)の魅力に迫る!Vol.3

こんにちは、3回目の最終回も一迅社・木村がお送りします。
『装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2』のオビがアストラギウス文字で表記されていることは前回も前々回もしつこいほど申し上げました。

Votoms_mook_shoei
日本語訳すると、「インタビューとか鼎談とかムチャクチャ多いじゃん!スケジュール大丈夫かな!いやいや、スケジュールよりも中身が大切なんだよ!それがボトムズ魂だよ!!」(関係各位、すみません)とは書いておりませんで、「充実のクリエイター対談&インタビュー/ボトムズの過去・現在・未来」とか書いてあるわけですが、お買い上げの際は本当に是非是非ご解読をお薦めいたしますって、くどくてすみません!

で、最終回の今回は中身についてお話しさせていただきます。
本書の美点を考えてみますと、まず、設定資料の量がすごい!
とにかくATから軍艦から輸送機からキャラクターまで、膨大な量となっています。
もちろん本書の主役はATですから、時系列的に『コマンドフォークト』から『パチスロ装甲騎兵ボトムズ』までのAT が勢揃いしてまして、三面図だったり、コクピット周りであったり、微に入り細に入り解説してます。校正してまして、ATの設計思想までもわかったような気がしました。
キャラクターの紹介もハンパではありません。
モブシーンにしか出てこないキャラまでも紹介、解説し、「この人誰?」と、もう度を超えた資料も満載です!

Votoms_mook_naka01
そして、インタビュー&鼎談が超充実してます! 
高橋良輔監督と新旧プロデューサーによる鼎談、インタビューは大河原邦男さん・塩山紀生さん・五十嵐紫樟さん・寺岡賢司さん・久行宏和さん・重田敦司さん・羽山淳一さんと、今回取り上げた作品の監督、メカニカルデザイナー、キャラクターデザイナーの方々すべてに及んでおります。
みなさん、お忙しい中をお時間いただき、本当にありがとうございました!
そんな貴重な取材記事の中でも、高橋監督と新旧プロデューサー鼎談は非常に興味深いです。
特に『ペールゼン・ファイルズ』における3DCG化へのチャレンジの話であるとか、AT の重量感を表現するための試行錯誤とか、ボトムズがボトムズたる根源的な理由とか、監督と旧知のプロデューサーだから語れるボトムズ世界の過去、現在、未来が溢れんばかりに掲載されております。

Votoms_mook_naka02
いかがでしたでしょうか?
満足度200%確実な本書『装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2』は5月29日発売です!
是非是非お手にとって確かめてください。

ちなみに私個人的には、P163に記載した『孤影再び』のネクスタント設計図の数々がすごいと思いました。
ここまで設計思想を持って描いているんですか?と逆にクリエイターさんにお聞きしたいくらい感動しました!

ではでは、みなさん、またいつかお会いしましょう!
それが運命ならば!!!


商品名:装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2
価格:2940円(税抜き2800円)
サイズ:A4判
発売日:5月29日(火)
仕様:総ページ192P(カラー32ページ/モノクロ160ページ)
発売元:一迅社


木村晃(一迅社/DMC編集部・ポストメディア編集部・事業企画部 統括部長)

| | トラックバック (0)

2012.05.24

5月29日発売決定!『装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2』(一迅社刊)の魅力に迫る!Vol.2

こんにちは、先週に引き続き一迅社・木村がお送りします。
『装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2』のオビがアストラギウス文字で表記されていることは前回申し上げました。

Votoms_mook_shoei
日本語訳すると、「最初は7年前の書籍にプラスして増補改訂版でまとめようと思ったんだけど、すばらしい設定がたくさんあって、これは新規で刊行したほうが読者も喜ぶよ!よし『2』で行こう!!」
とは書いておりませんで、「設定資料に記されたAT造形・メカなどを本編映像とスタッフ証言から検証」とか書いてあるわけですが、お買い上げの際は是非是非ご解読をお薦めいたします。

で、今回は表紙についてお話しさせていただきます。
実は通常書籍の表紙は、カバーをそのままモノクロに落とし込んでデザインしてしまうことが多いわけなんですが、それでは無難すぎて驚きがないとも言えるわけです。
予定調和的であるとか。

本書もそれは意識していて、いろんな案が実はありました。
ATなどの設定を何十点も詰め込んで構成してしまうとか、コクピットだけをズラズラ並べてみたりとか、本書の素材を使用して何か意外性が際立つことはできないかと。
その際、サンライズ・ライツ部Sさんにご相談しましたわけなんですが、「すばらしい案がある!」と。
「これ以外ないだろう!」という案アイデアをいただいたわけです。
ボトムズ作品に関わる方々も、本書編集スタッフも、もちろんファンの方々も全員納得!
なんだかえらい迫力の画稿が上がってまいりました。

Votoms_mook_hyoshi
これは高橋良輔監督直々の画稿です。
『ペールゼン・ファイルズ』の冒頭をかざるタイバス渡河作戦。
60万人以上もの兵力を投入してキリコの命を狙ったこの作戦は、インパクト絶大な、ある意味、作品の白眉となるシーンでもありました。
わらわらと湧いてくるように現れるATに、軍用飛行船ステイクボマーから無数の杭が落とされ破壊されるあのシーンを、ナント監督が自らが再現して描いてくださったのです!
ほら、夜の真っ暗な川の中にターレットレンズを光らせたスコープドックがたくさんいますよ!
死の匂いが一面を覆うような不気味さと静寂。なんだか怖いと感じるのは私だけでしょうか?
ご購入された際は是非ともカバーを外してご確認ください。
もちろん監督のサインも入ってますからね、公式のものですよ。
高橋監督、本当にありがとうございました!!

ということで、来週は発売直前の『装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2』コンテンツについてご報告いたします!!
ではまた来週!!

商品名:装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2
価格:2940円(税抜き2800円)
サイズ:A4判
発売日:5月29日(火)
仕様:総ページ192P(カラー32ページ/モノクロ160ページ)
発売元:一迅社


木村晃(一迅社/DMC編集部・ポストメディア編集部・事業企画部 統括部長)

| | トラックバック (0)

2012.05.15

5月29日(火)発売決定!『装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2』(一迅社刊)の魅力に迫る!

こんにちは、一迅社・木村と申します。
7年ぶりに、弊社よりボトムズ最新設定資料集である『装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2』が刊行される事になりました。
(当時はスタジオDNAという会社名でした。)
そこで、3回に分けて本書の魅力や制作過程など公開させていただければと思います。
よろしくお願いします。

本書は『ペールゼン・ファイルズ』以降のアニメ作品『幻影篇』『Case;IRVINE』『ボトムズファインダー』『孤影再び』および、『コマンドフォークト』『パチスロ装甲騎兵ボトムズ』というアニメ以外の作品まで収録したボトムズ最新設定資料集なんですが、とりあえずは、書影を見てください。

Votoms_mook_shoei

どうですか?
実はこれはオビを巻いている状態なんです。
オビの文言は、お分かりのように、なんとギルガメス文字で表しました。
これは日本語訳しますと、「いやあ、ほんと制作期間が1年間もかかってしまって大変だったよ!」とは書かれてはおりませんで、「『コマンドフォークト』から『孤影再び』までの全AT・メカ・キャラを収録!」とか書いてあるんですが、解読に挑戦したい強者は是非とも解読だけのためにも書店で手に取っていただきたいです。
しかし、なぜギルガメス文字でオビなのか?
しかも、オビの幅が実は18センチもあって大きめなのはなぜなんだ?
と疑問に思う方もおありかと思います。
そうなのです。
オビを剥いてみたらびっくり!
というすばらしい仕掛けが隠されています。

Votoms_mook_irokou

なんとなくですが、スコープドッグだけでは寂しくないですか?
せっかく大河原邦男さんに表紙をお願いしたわけで、AT1体だけでは寂しすぎるではないですか!
そうなのです、胸が高なる何かが隠されているのでございました。
これはご購入者の方々にご判断していただきたいです。
本書は設定資料に描かれているATのメカニズムがどのように表現されているのか、本編映像とクリエイターの方々のコメントで検証してみたい、だってそれって面白いでしょ!
というコンセプトなのですが、それをカバーでも表現していると申しておきます。
けっこうよいアイデアだと思うんですけど。
大河原さん、本当にすばらしいイラストありがとうございました!

今回はカバー、オビの仕掛けのみお話しさせていただきました。
次回は、これまたすごい仕掛けの表紙のこととか、充実の192ページのコンテンツをこととか、
そんなこんなを書かせていただければと思います!
では、また来週!!

商品名:装甲騎兵ボトムズ AT完全設定資料集2
価格:2940円(税抜き2800円)
サイズ:A4判
発売日:5月29日(火)
仕様:総ページ192P(カラー32ページ/モノクロ160ページ)
発売元:一迅社


木村晃(一迅社/DMC編集部・ポストメディア編集部・事業企画部 統括部長)

| | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »