« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012.09.29

大日本技研「アーマーマグナム開発日誌①」自己紹介&製品紹介

初めまして、大日本技研の田中と申します。
この度、弊社にて装甲騎兵ボトムズの「アーマーマグナム」を一般販売することになり、その製品紹介と組み立てノウハウを書かせていただけることになりました。
何回かの掲載になりますので、以降よろしくお願いします。

○製品紹介

Dainihongiken1_1
ボトムズBLOGをご覧の方なら説明は不要かと思いますが、キリコが持つハンドガン「アーマーマグナム」です。

Dainihongiken1_2
製品形態としては、通常のモデルガンのような完成品ではなく、無塗装の組み立てキット、いわゆるガレージキットとなります。

Dainihongiken1_3
Dainihongiken1_4
キットのみで、ディスプレイ用のモデルガンとして組み立てることもできますが、内部に東京マルイの電動ガン
H&K USPを内蔵して、カスタム電動ガンとして組み立てることもできます。

このキットは、12年夏WFにて当日版権商品として販売しましたが、好評につき一般販売することとなりました。
価格は19800円(本体価格18000円)、12年10月発売開始予定です。
弊社HPからご注文いただけます。

○製作背景
アーマーマグナムは、実は「あること」をするために製作を始めました。
弊社では、現在進行形で、原寸大のスコープドッグをペーパークラフトで作る「PDFクラフト スコープドッグ1/1」の製作を進めています。
これは、内部に脚立とアングル材で作ったフレームを内蔵し、中に乗り込める原寸大のスコープドッグのペーパークラフトを作ろう!というものです。

Dainihongiken1_5
*詳しくはこちら「大日本技研が原寸大スコープドッグのペーパークラフトをワンフェスに出展予定」にて。

乗り込むためには、ハッチが開閉できるように作らねばなりません。
なら、オープンハッチ状態で、コクピットからアーマーマグナムを撃ってみたいな~と(笑)。
当初は、数年前にウェーブさんから発売されたアーマーマグナムを借りればいいや~とか思っていたのですが、
よく考えたら、モデルガンの製作が本業なんだから、自社で製作した方が早いよ!ということに気づきまして。
1丁あれば十分だけど、せっかくだからキット化して、ワンフェスの当日版権でコッソリ売ろうと。
そういう明後日な理由で、アーマーマグナムは製作されています。(爆)


田中(大日本技研)

| | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »