« 2015年8月 | トップページ | 2015年12月 »

2015.10.23

大河原邦男展ギャラリートークレポート 塩山紀生さん&井上幸一さん編

上野の森美術館で開催された大河原邦男展で行われたギャラリートーク。
25日のゲストは塩山紀生さん、井上幸一さん。

塩山さんは大河原さんの仕事の付き合いはタツノコプロ時代からと古いながらも、大河原さんと実際に対面したのは『太陽の牙ダグラム』を制作した時だそうです。

Img_2589w

ボトムズのスコープドッグの降着ポーズの設定画は、大河原さんではなく塩山さんによるものですが、塩山さんは
「(大河原さんによる)正面と後ろの立ちポーズの設定画だけしかなくて、降着ポーズを描けと言われて、なるわけないでしょと言っていたら出来たんですよ。」
と大河原さんの設定が理にかなっている事を実感したそうです。
また、
「きざな言い方をするとまるで武芸者が線を引いたというくらいの確実な線ですね。」
と賞賛。メカデザイナーの大河原さんに対しアニメーターという立場からのトークを聴くことができました。

井上さんからは
「今回の展覧会で表に出てなかったものが相当あり、出せるようにがんばりますので周りから声を盛り上げていただけるとありがたいです。」
とファンを期待させる発言がありました。

最後に塩山さんは
「今日いらっしゃっている方たちに納得できるような、満足できるような話ができるかなと思っていましたけど、皆さんの反応が良くて楽しく時間を過ごす事ができました。75歳になりましたがもうちょっと頑張ってみたいと思います。」
と締めくくられました。

東京での大河原邦男展は終了してしまいましたが、盛岡にて巡回展が11月7日(土)より開催されます。

まだご覧になっていない方も、もう一度見たいという方も是非お越しください!

メカニックデザイナー 大河原邦男展

■期日
平成27年11月7日(土)~12月23日(水・祝)
※月曜日休館。ただし11月23日は開館

■会場
盛岡市民文化ホール・展示ホール

■入場料
一般・大学生 1000円(当日1200円)小・中・高生 500円(当日800円)
※身障者手帳持参の方(付き添い1名まで)・10人以上の団体・65歳以上の方は前売り料金。未就学児無料

■公式Facebook
https://www.facebook.com/okawaraten

■巡回展詳細
http://www.iwate-np.co.jp/event/okawara201511.html

■問い合わせ
岩手日報社事業部 019・653・4111


森(サンライズ・web担当)

| | トラックバック (0)

2015.10.22

大河原邦男展ギャラリートークレポート 高橋良輔監督&井上幸一さん編

上野の森美術館で開催された大河原邦男展にて9月22日に高橋良輔監督と井上幸一さんの『太陽の牙ダグラム』、『装甲騎兵ボトムズ』、そして幻の企画となった『鉄の惑星 ランディフォース』などについてギャラリートークが行われました。

Img_2344w_3

ボトムズの制作スタッフも再集結し、気合が入っていたにも関わらず世界情勢で中止になったランディフォースについて
「悔しい思いをしているんですけども少なくともメカはまだ全然新鮮だと思うのでぜひ見てください。」
と井上さん。

展示をご覧になった高橋監督は
「メカではATに思い入れがある。作品的にはダグラムが印象深い。自分のその後の道を開いてくれたダグラムのメカにもスタッフにも感謝している。」
と感想を述べられ、井上さんは「描き順やどんな風に描いているか分かるような絵も色々展示されています。」「缶バッジに使用されている様なシルエットでも全部違うメカであることが分かる大河原さんのデザインは面白いな、すごいなという気持ちを共有していただけるとすごく嬉しい。」と今回の展示の意義を語られました。

Img_2740w_3

締めくくりに高橋監督は
「大河原さんには一緒にまた全力でできるような作品の企画の手伝いを願えませんかと言っているので機会があれば皆さんに応援していただけるとありがたいなと思っております。」
とファンなら喜ばずにはいられない発言をして下さいました!


森(サンライズ・web担当)

| | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年12月 »