« 「メカニックデザイナー 大河原邦男 模型コンテスト」大河原さん審査&一般投票が行われました | トップページ | ワンダーフェスティバル2016冬 タカラトーミーブースで「ガガンガン スコープドッグモデル」体験会実施! »

2016.02.04

GHK出張版 ガーガメルのボトムズソフビシリーズ Extra issue of GHK : Gargamel’s VOTOMS sofubi series

初めまして。
ソフトビニール製の玩具を製造販売しているガーガメルの池田圭郁と申します。
この度、サンライズ様から許諾頂き、ボトムズのソフビを発売することとなりました。
It’s very nice to meet you.
I am Kiyoka Ikeda of Gargamel Ltd. This time, we contracted merchandising agreement with SUNRISE, and we can release Soft vinyl figure of “Armored Trooper VOTOMS”.

Forvb_011
2/27発売予定 各4,167円(税抜)
Price : JPY4,167.- Roll out on 27th Feb.

このソフビ版ボトムズは、83年TV放送当時に発売されていたら?をコンセプトに大河原先生のデザインをソフビに落とし込みました。
80年代は玩具史的にはソフビの廃退が進み、安価な玩具(駄玩具)では、塩ビとプラモが主流となって行きました。
ガンプラブームもキン消しやガン消しが流行ったのも80年代です。
ボトムズの前番組であるダグラムは、全75話とかなり長い間放送されていたにも関わらず、ソフビはダグラムが大小の二種類と小さいソルティックの三種類しか発売されませんでした。
The concept of this Votoms figure is based on our idea “If soft vinyl figure would be released on time of TV program of Votoms in 1983, the style of figure would be like this.”
And we made it as modify style based on keeping the master Mr. Okawara’s original design.
The history of toy in 80’s, the soft vinyl figure production was reducing in market share, and then, in range of low price toys, the plastic model kit and PVC injection figure came to market as big wave. Of course you know social phenomenon GUNPLA boom, also Kin-Keshi.

“Fang of the Sun Dougram”, the previous TV animation of Votoms, its broadcast stories were was 75 episodes for 17 months, but sofubi figures of Dougram were released as only few styles. Two different styles of Dougram and one size of Soltic only.

Forvb_021
大きいダグラムと小さいソルティック
Different sizes, Dougram and Soltic.

プラモデルでは、デロイア7のメンバーやJロックさんのバギーまで商品化されているのにです。
当時の子供たちのソフビ離れが感じられます。
この時期はあまり色替え商品という発想が無かったのか、残念ながらソルティックの24部隊カラーはありません…。
これはソフビコレクターとしては非常に残念です。
塩ビ消しゴムもプラモ同様に好調だった様で、様々なメカが立体化されてます。
I feel it was strange that even Deloyer 7 guys and J. Rock’s Native-dancer were released as plastic model kit, but there were a few sofubi figures I could buy.
At that time, the boys were all absorbed in plastic models, and finally, sofubi figure gone out in the hobby market. I am collector, so regrettable thing was the 24th sq. Soltic color was never released.
The toy makers released various PVC and Keshi mechanic characters and vehicles as follow plastic model kits.

Forvb_031
ダグラムの消しゴム
Dougram -keshi

対して、83年のボトムズはソフビが発売されていません。
プラモはもちろん、塩ビやダイキャストはあるのに、ソフビは無い…。
There’s no sofubi figures of Votoms in 1983…
Of course these were released as plastic model kits, PVC and die-casting.

Forvb_041
ボトムズの消しゴムなど
Votoms-keshi

これを知った時、これは本当に悲しいと思いました。
今、欲しくて集めたいのに、当時発売されていなかったのですから。
79年のガンダムでは、ガンダム、ガンキャノン、ガンタンクはもちろん、ザク、グフ、ドム、ズゴック、コアファイターやホワイトベースまでソフビで発売されてたのに。。。。
ダグラムと同時期に放映されていた82年作品のザブングルでもマイナーなウォーカーマシンまでソフビ化されていました。
I was sad when I knew any toy makers would not release sofubi figures of Votoms.
On the other hand, sofubi fiure Gundam, Guncannon, Zaku, Gufu, Z’gok, Core fighter and White base from “mobile suit GUNDAM” were released in 1979, Also released sofubi figures of minor Walker machine of “Combat Mecha Xabungle” in 1982.

Forvb_051
ザブングルのソフビ(この他にあと4種類確認してます)
Sofubi figures of Xabungle. (I know another 4 kind of figures.)

発売メーカーの違いもありますが、やはり当時の子供たちのソフビ離れが伺い知れます。
ザブングルの後番組であるダンバインはクローバー製のソフビが数種類発売されてましたが、
その後番組に至っては、クローバー社倒産もあり、ソフビどころか塩ビすら発売されていません。
At that time, I think boys got tires of sofubi fiures.
I know a few sofubi fiures of “Aura Battler Dunbine”, which was succeeding TV animation of Xabungle , released from Clover. Due to bankrupt of Clover in 1983, the succeeding animation’s figures, I have never seen PVC figure, to say nothing of sofubi. ―oh, I make a digression.

すこし脱線しちゃいましたが、
コレクターであり、クリエイターである僕は、先達の様から学び、「無い物は自分で作る」の精神でボトムズのソフビを制作しました。
I am toy collector, and creator.
I learned from situation of old days, “I can not buy what I want, so I should create it.”
It is my soul. So I created Sofubi figure of Votoms, here.

Forvb_071
80年代当時に発売されてたらと夢想して制作したスコープドッグ
If it was sold in 80’s….this is the first concept of this sofubi Scope Dog.

Forvb_081
Forvb_091

ヘッダーも放映当時っぽく作品のタイトルを前面に押し出したデザインにしました。
また、印刷で経年劣化を再現したフェイク劣化仕様にしています。
Paper header of package is impact design of using title logo mainly like 80’s style.
It is designed as fake aging effect.

Forvb_101
経年による擦れや折れを印刷しています
Printing like aging wear out and crease.


Forvb_111
新品状態
Condition as new

袋をくしゃくしゃにすると当時の出物のような見た目になります。
You rumple up PP bag intentionally, the package will be like vintage toy like 30 years ago.

Forvb_121
こんな感じになります
Is this vintage ?

造形に関してのこだわりに関しては弊社ブログGHKに記載してますので、
ご興味のある方はご覧下さい。
If you have interested in my artistic works more, please check Gargamel’s weblog

「ガーガメルのボトムズソフビシリーズ」、宜しくお願いします!
Gargamel’s VOTOMS sofubi series - Rolls Out now !
Thank you very much for reading to the end.

Forvb_131

池田圭郁(ガーガメル)
Kiyoka Ikeda(Gargamel)

|

« 「メカニックデザイナー 大河原邦男 模型コンテスト」大河原さん審査&一般投票が行われました | トップページ | ワンダーフェスティバル2016冬 タカラトーミーブースで「ガガンガン スコープドッグモデル」体験会実施! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57619/63163566

この記事へのトラックバック一覧です: GHK出張版 ガーガメルのボトムズソフビシリーズ Extra issue of GHK : Gargamel’s VOTOMS sofubi series:

« 「メカニックデザイナー 大河原邦男 模型コンテスト」大河原さん審査&一般投票が行われました | トップページ | ワンダーフェスティバル2016冬 タカラトーミーブースで「ガガンガン スコープドッグモデル」体験会実施! »