« 日本国内初の単独展示会「threezero展Japan」がスタート! | トップページ | threezero製1/12スケール・スコープドッグが予約受付中! »

2016.08.26

「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」VR初体験その1

 髙橋良輔であります。お久しぶりです。生きています。
現在どういうように生息しているかと言えば、大学の教員とアニメの何でも屋と言う……ま、二足の草鞋であります。「アニメやってるの!?」と訊かれると「まあそのボチボチと…」と口の中でもごもごと言葉にならない言葉が繰り返される程度でありますが。かつては「学校の先生などやるようになっちゃあおしまいだね」なんてほざいていたのですが、いや誠に面目ない世間知らずの傲慢未熟なバカあほ男でありました。

 さて近況でありますが、ボトムズ関係で言いますとスピンオフ小説など書いておりました。ごくごく近いうち何らかの形でお目に掛けることができると思います。いつもの伝で言わせていただくと98パーセント完成しておりますので、ご安心を。物事というのは事が事を呼ぶと言いますか、何かやってると関連事項に風が起こるのですね。で、表題の事件です。
「ATのVRシミュレーターを作ってるんですよ。見に行きませんか? 大河原さんも来るそうですよ」
「えっ、VRってバーチャルリアリティー!? ボトムズの! ウソ!」
てなことで、6月30日のことです。暑い暑い梅雨のはざまの夏本番のような暑さの東京メトロ東西線は門前仲町の駅へと降り立ったのでした。

1_2


髙橋良輔(監督)

|

« 日本国内初の単独展示会「threezero展Japan」がスタート! | トップページ | threezero製1/12スケール・スコープドッグが予約受付中! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57619/64112457

この記事へのトラックバック一覧です: 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」VR初体験その1:

« 日本国内初の単独展示会「threezero展Japan」がスタート! | トップページ | threezero製1/12スケール・スコープドッグが予約受付中! »