« 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」VR初体験その2 | トップページ | 「VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」アストラギウス文字取扱説明書クリアファイル発売決定! »

2016.09.09

「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」VR初体験その3

 前回ヘッドマウントディスプレーを着けたとたんATのコクピットに座り格納庫にいる自分にビックリしたところまで書きましたが、いやいやその後もビックラコンの連続で、なんと大河原さんとATの模擬戦までやってしまいましたよぉー。しっかしまあなんによらずやったことのないってのは仕方がないもんで、対戦といっても相手が、つまり大河原さん機が見つからない。やみくもにATを走らせてフィールド内の障害物に何度激突したことか、ま、あれだけで私の乗ったATは大破でしょうね。右のスティックがヘビーマシンガンのトリガーで左のスティックがショルダーミサイルなのだけど、その使い分けなどてんでできない。右往左往して勝負もついたのやらどうなのやら分からないうちに私らのVR初体験は終わってしまった。後で聞いたことだが銃弾が尽きればアームパンチ攻撃もできるとのこと、取っ組み合いなら昔取った杵柄「やってみたかったあー!」なあーんて後になったら何とでも言えるって、ゲームオーバーになって額の汗をふきふきしほっとしたのはどこのどいつだっての。

31

 ゲーム初心者の私ごときがこと細かくVR体験を綴っても詮無いことなので、ほどなく湾岸で公開されているらしいのでご興味のある向きはぜひご自分で体験してみてください。ただですねえ、まあ自分たちで作ったボトムズ世界ですが、私にはあの中で、まあ、まさに鉄の棺桶の中で意味も分からない戦いに明け暮れるのは、どうにも辛すぎますねえ。
 スタジオの外に出てみると夏本番前の太陽がギラギラ、さてどこかで冷たーーーい奴をグッとやりますか。

 なんだか薄―いVR体験記を書いてから……気が付いたらもう2か月がたっていました。「あーあ、夏も終わりかあ……」
と脱力感に包まれていた私に大本営から突然の転進命令が! その内容はと言えば、私らが予てより計画していた某某某所ネット出版よりのボトムズスピンオフ小説連載を某某某ネット出版連載より急遽撤退、いや転進、大本営=すなわちサンライズが秘密裏に計画していた『矢立文庫』なるものに切り込み役1番手連載という命令である。

「矢立文庫―ぉ!?」

驚く間もあらばこそ、転進作戦は迅速果敢に進行した。連載初回は9月9日って「今日じゃない! なぬっ、題字もおーー!」書きましたよ“題字”も、もうこうなれば破れかぶれです。ってなことで、
『装甲騎兵ボトムズ・絢爛たる葬列』本日18時連載開始です。


32

高橋良輔(監督)
 
 


Yatate_205x70

|

« 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」VR初体験その2 | トップページ | 「VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」アストラギウス文字取扱説明書クリアファイル発売決定! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57619/64179318

この記事へのトラックバック一覧です: 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」VR初体験その3:

« 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」VR初体験その2 | トップページ | 「VR-ATシミュレーター 装甲騎兵ボトムズ バトリング野郎」アストラギウス文字取扱説明書クリアファイル発売決定! »