« 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」アラスカ旅行その1 | トップページ | 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」アラスカ旅行その3 »

2016.09.23

「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」アラスカ旅行その2

 アレウト列島…あたしらにはアリユーシャン列島の方が耳になれているがその列島の東のどん詰まりにアラスカ半島があるその半島のさらに東側にコディアックという島があるが、ここが今回のあたしらの目的地、つまり世界最大のクマ、コディアックベアーがいるところなんである。まあ諸説あるが一般には最大のクマはホッキョクグマということになっているがコディアックはそれにタメを張ると言われている。最大700kg.前後になるらしい。まあそんな個体は今はいないらしいが無制限にハンティングが許されていた時代には近い記録がうようよ残っている。北海道のヒグマは250くらいだしアメリカ本土のイエローストーンのグリズリーも300平均らしいからまあ破格と言っていい。
 なんでそんなに大きくなるのかというと従来は食料が豊富だからという理由が主力だった。植物性の食べ物のほかサケ類があらゆる川にメチャ上がってくるまあ食べ放題という訳だ。昨今はその他に遺伝子の中にホッキョクグマの遺伝子が発見され、つまりは色は違えど同族ではないかとの説が浮上してきている。何はともあれデカいのだ。
 コディアック島はその昔アラスカがロシア領だったころの中心地だった。だから市内に旧ロシア時代の匂いが色々と残っている。市内中心地から橋一つ隔てたニアーアイランドという島にあたしらが乗る水上飛行機が待っていた。乗るのは友人一家の三人とあたしら夫婦の二人と現地ガイドのジョーさん一人、パイロットと合わせて7人だ。それで機内は一杯一杯普通車のバン並みの広さだ。起伏に富んだコディアックの地表を見ながら飛ぶこと1時間余り、とある川が流れ込む小さな湾に着水した。むろん桟橋などなく胸までのゴム長をひざ上まで濡らしながらの上陸である。

001_2


002_3


003_2


 今回こそ巨大クマとの遭遇まで行きたかったのだが、それはまた来週に。


高橋良輔(監督)


装甲騎兵ボトムズ 絢爛たる葬列 【第3回】掲載!

Yatate_205x70


BOOK☆WALKERで「小説ボトムズ 秋の電子化キャンペーン」10月5日まで開催!
高橋良輔監督直筆のサイン色紙を抽選でプレゼント!!


003_6


|

« 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」アラスカ旅行その1 | トップページ | 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」アラスカ旅行その3 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57619/64245010

この記事へのトラックバック一覧です: 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」アラスカ旅行その2:

« 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」アラスカ旅行その1 | トップページ | 「小説VOTOMS いちぶんの一 2016」アラスカ旅行その3 »