« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »

2017.02.22

良輔監督いちぶんの一 『ワンダーフェスティバル2016冬』  アクティックギア再動!!

2月19日(日)に幕張メッセで開催された『ワンダーフェスティバル2017冬』のタカラトーミーブースでアクティックギアシリーズの10年ぶりの再始動が発表されました。

Img_7185


当日は高橋良輔監督がタカラトミーブースを訪れ、開発担当者より説明を受けられました。

Wf_002

ブースにはテレビシリーズ当時のタカラの開発担当者の泉博道さんも来てくださいましたので、監督と一緒に記念撮影いたしました。

Wf_003


「アクティックギア装甲騎兵ボトムズ AG-V18 AT ChroniclesⅠ クメンの砲火」は2017年6月下旬発売です。
商品の詳細はアクティックギア 装甲騎兵ボトムズ オフィシャルサイトでご確認ください。


内田(サンライズ・web担当)

| | トラックバック (0)

2017.02.06

メカニックデザイナーの仕事論 ~幅広い世代から支持される理由?~が開催されました

1月27日(金)にはまぎんホール ヴィアマーレにて大河原邦男さんによる講演会メカニックデザイナーの仕事論 ~幅広い世代から支持される理由?~が開催されました。
会場には『装甲騎兵ボトムズ』や『太陽の牙ダグラム』『機動戦士ガンダム』などのイラストのほか、大河原邦男オリジナルデザイン[iXine|イグザイン]も展示され、公演前に鑑賞できました。

0011

0012

0013


講演会では子供時代の思い出として小学校の図画工作でレジンを使った授業がありその先生のお陰でモノ造りの魅力に取りつかれたことなどを交え、タツノコプロに入社アニメーションの仕事につくまでのプロフィールを語られました。

0022


その後、アニメーションの仕事の流れや担当された作品について設定画などの画像を交え説明され、「アニメーションのプレゼンではモックアップを作る事により、スポンサーにもわかりやすく企画が通りやすかった」という話とともに『装甲騎兵ボトムズ』のスコープドッグのモックアップの写真も紹介されました。

0021


また、仕事のスタイルとして同時に複数の仕事を受けるので、仕事が来るとすぐに仕事に取り掛かり、見通しが付くと一定の思考期間を空け、その次の仕事に取り掛かりまた同じことを繰り返し、そうすると前の仕事の事もいつも仕事をしながら考えられるし、同じ期間に複数の仕事をできるので、それが良いなとずっと行っていることなども表を交え説明されました。
近年の仕事として、超小型モビリティー「MACHINA(マキナ)」や除草剤のロボ、イノーバトリオのデザインなどのアニメーション以外の仕事も紹介されていました。


内田(サンライズ・web担当)

| | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年3月 »