« 良輔監督いちぶんの一 『ワンダーフェスティバル2016冬』  アクティックギア再動!! | トップページ | 良輔監督いちぶんの一 『手塚治虫記念館トークショー』 »

2017.03.29

GHK出張版 ガーガメルのボトムズシリーズ 其の弐 Extra issue of GHK : Gargamel’s VOTOMS sofubi series Part 2

今回で二度目の寄稿となります、ガーガメルの池田圭郁と申します。
4/1に、ボトムズシリーズの新作「スタンディングタートル」と「スナッピングタートル」を発売します。
Hello, I am Kiyoka Ikeda of Gargamel Ltd. This is the 2nd contribution about Votoms.
I will like to introduce our new product of Standing Turtle and Snapping Turtle.


Ghkex2_01
4/1発売予定 各5,093円(税抜)
Release on 1st Apr. Price : JPY5,500.-


このソフビ版ボトムズは、83年TV放送当時に発売されていたら?をコンセプトに当時っぽいソフビを目指して制作してます。
新作スタンディングタートルはヘビー級ATなので、既発のスコープドッグとのスケール感を合わせ、大きめに制作しています。
I produced these soft vinyl Votoms figures as if there have been sold in 1983 on air time. This is the concept of planning and there 80’s deformed sofubi style is our intension. Standing Turtle is heavy AT, and the figure volume is bigger than Scope Dog that we released before.


Ghkex2_02
スコープドッグとの比較
Completion with Scope Dog.


前回は企画意図について、こちらで書かせて頂いたので、今回は彩色についてお話ししたいと思います。
I have already explained planning and concept of this Gargamel’s VOTOMS sofubi series on http://votoms.cocolog-nifty.com/web/2016/02/ghk-extra-issue.html
so this time, I would like to write “Painting way”.


1960年代後半の第一次怪獣ブーム時にマルサン商店が怪獣ソフビを発売してから、各メーカーは様々なキャラクターをソフビ化して行きました。
その中で、「ユーザーに、いかに安価でも良い物に見せるか?」が試行錯誤されてきたと思います。
The 1st boom of Japanese Kaiju sofubi was in 1960’s, Marusan shoten, the first of the list, and the many toy makers produced a lot of soft vinyl characters.
They had been taken trial and error for aiming to sell to customers. Their goal was keeping cheaper price with keeping high quality.


ソフビと言ったらのマルサン商店の怪獣ソフビは、背面までしっかり塗装されていました。
マルサン商店の怪獣ソフビの当時の価格は、スタンダードサイズ(全高約20cm)で350円でした。
Marusan shoten’s kaiju sofubi was painted on her back whole and completely.
At that time, their price of standard size (approx. 20 cm tall) was 350 JP yen.


駄菓子屋に列んでいたら高額商品になりますが、
玩具屋に列んでいたら安価な部類になると思います。
If such kaiju sofubi figures were sold at penny candy store, it would be expensive goods. But, sold at toy shop, it would be recognized as cheaper toy.


ソフビは消しゴムやプラモデルなどに代表される射出成形(インジェクション成形と言います)とは、金型も成形も仕方が全く違います。
金型代はインジェクションに比べ、ソフビのほうがかなり安価ですが、
機械で成形するインジェクション成形に対して、ソフビは一点一点、成形職人が手作業で生産するため、成形コストは高くなってしまいます。
Soft vinyl figure is Not manufactured by using injection molds which can produces plastic model kit or eraser. By injection mold manufacturing way, the cost is so expensive but it can be produce huge pieces by machine control at one time. Slush mold way for sot vinyl producing can take not so expensive cost but craft-man makes it one by one pulling from slush mold cavities by his hand, and finally manpower cost and unit cost would be expensive.


この様な制約もある中で、当時の玩具メーカーはソフビ商品の仕様に関して
可能な限り安く量産出来ることを求めたと推測出来ます。
そうなると、背面まで塗装をするのはコストが高くなってしまいます。
また、怪獣ソフビは塗装工場の職人がフリーハンドで塗装しているものがほとんどで
商品のクオリティが職人の腕に因るところが大きく、クオリティは安定しなかったと思います。
I guess the toy makers of those days thought to save the cost, and to produce more pieces as they could do. The whole painting included the back of kaiju, the unit cost would be impacted. Also it was depends on factory worker’s skill of painting, it might be not easy to keep same quality one by one.


70年代に入り、ロボットアニメから生まれたロボットソフビは
怪獣のようなフリーハンドの塗装から、塗装用の金型(マスク型と言います)を使用した塗装に仕様を大きく変えました。
しかし、マスク型は高価なので、超合金の様なしっかりした塗装をするにはコストがかかり過ぎます。
In 1970’s, many robot animation TV programs were produced and broadcasted. And there were a lot of robot sofubi figures we could see. These painting ways was changed to use “spray-mask” from free hand-spray for kaiju sofubi. But spray-masks are not cheap, the plate was almost same as one of the mold. Also it caused to be cost impacted.


そこで採用されて行ったのが、
ソフビとして割り切って、背面の塗装は無し!の仕様になったのだと思います。
当時の玩具メーカーは、背面の塗装が無いことで商品の見栄えが悪くならない様に
複数を一枚の台紙に張り付けて前面だけが見える様にしたり、
パッケージをブリスターパックやボックスなどで背面が見えにくい仕様にしたりと、
商品としての見栄えもしっかり考慮して工夫もなされてました。
So that, soubi makers thought “no need to paint on the back of figure !”.
It was drastic thinking that sofubi was not precise figure like Chogokin robot figure.
So sofubi makers thought new package that shown only front of figure with backboard for hiding back of figure, or set blister, also introduced box package for sofubi robot figures. Finally the package was fine and had a value of figures.


装甲騎兵ボトムズは83年放映作品なので
同じ83年に放送されていた当時もののロボットたちを並べてみます。
“Armored Trooper Votoms” was broadcasted in 1983, and here’s same age robots.


Ghkex2_03
左から、タカトク製オーガス、サスライガー、ガーガメル製ボトムズ、クローバー製ダンバイン
From Left: Takatoku toys’s Orguss and Sasuraiger, Gargamel’s Votoms, and Clover’s Dambine


Ghkex2_04
背面は気持ちいいくらい、なにも塗ってません。
No paint on the back, no uncomfortable.


この様に、表から見える部分のみを塗装することで、
見栄えの良さと買いやすい価格を実現して行った当時のメーカーを、僕はステキだと思います。ガーガメルのボトムズシリーズもこの表面だけ彩色仕様を採用しています。
Painting only on the front, it gave fine looking and low cost to produce. I totally understand and support such those days sofubi maker’s thinking.
So Gargamel follows such style for making our Votoms sofubi series.


Ghkex2_05
左から、クローバー製アイアンギア、ガーガメル製スタンディングタートル、タカラ製ダグラム
From left : Clover’s Iron Gear, Gargamel’s Standing Turtle, and Takara’s Dougram


Ghkex2_06
こちらも背面は全く塗装無しです。
Also no paint on the back.


また、パッケージのヘッダーは、経年劣化の折れや擦れを印刷で表現したヴィンテージ仕様にしています。
The header of package is vintage-like printing.


Ghkex2_07
印刷で再現しているため、本当に折れてたり剥がれてたりはしません。
It is intentionally print way like folding and mess up as aging.


Ghkex2_08
商品を入れるとこんな感じになります。
In the package.


Ghkex2_09
この様にガーガメルのボトムズシリーズは
可能な限り、造形だけでなく彩色、パッケージまで当時ものを考察して制作しています。
また、製品の彩色も全て自社で行ってますので、
生産時にはこんな夢の様な眺めが見れます。
Gargamel Votoms sofubi series is highly respects those days sofubi style of sculpturing, paint and also package.
Gargamel paints for our soubi Votoms ourselves, so in the production running, I can see dream view like this.


Ghkex2_10

Ghkex2_11
これを眺めていると、気分はまさにカンジェルマン殿下。
こう見ると、改めて「イプシロン、目立ってるな~」って思います。
I feel I am Heloram Kanjelman. And exactly, “Ypsilon stands out”.


Ghkex2_12
まさにエース機。カッコイイです。
Super cool ace machine.


Ghkex2_13
ガーガメルのスタンディングタートルとスナッピングタートル、宜しくお願いします!
Don’t miss it the new releasing, Gargamel’s VOTOMS sofubi series “Standing Turtle” and “Snapping Turtle”.


Ghkex2_14


池田圭郁(ガーガメル)
Kiyoka Ikeda(Gargamel)

|

« 良輔監督いちぶんの一 『ワンダーフェスティバル2016冬』  アクティックギア再動!! | トップページ | 良輔監督いちぶんの一 『手塚治虫記念館トークショー』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/57619/65078752

この記事へのトラックバック一覧です: GHK出張版 ガーガメルのボトムズシリーズ 其の弐 Extra issue of GHK : Gargamel’s VOTOMS sofubi series Part 2:

« 良輔監督いちぶんの一 『ワンダーフェスティバル2016冬』  アクティックギア再動!! | トップページ | 良輔監督いちぶんの一 『手塚治虫記念館トークショー』 »